エゴと、トモダチになる生き方。

 


f:id:oyamadoka:20190419001810j:image

 

研修3日目の気づきを

忘れない内に、メモ。

 

3日目、私は、存在の中心から

呼ばれているボトルとして

B59、ぺールイエロー ペールピンク

レディポルシャを選びました。

 

写真撮るの忘れましたが

昨日のこのボトルにたっぷり光が

当たったバージョンです。


f:id:oyamadoka:20190418235613j:image

 

レディポルシャのボトルを観た時に

 

ああ、

 

「私の内側に 今、

 

“エゴすらも愛する”

 

と言う智慧があるし、その事に

 

私自身がここから先、より一層

 

価値をおいていこう」

 

と言う言葉が浮かびました。

 

 

 

エゴは良くないもの

消すべき物

排除、滅却すべきもの

 

そう言う考えは、本当に

スピリチュアルな伝統に深く

根付いているけれど。

 

 

数年前、私の師の1人の方が

こんな話をしてくれました。

 

 

「私は

悟りに至りたくて

本当に沢山の修練を試みて来た。

 

何年も何十年もの間

エゴを消そうと努力をして来た。

 

しかし、全ての手を尽くした後に

疲れ果てて、私は知った。

 

内側のエゴを抹消するには、

私は自らの

命を抹消するしかない、と言う事を。

 

エゴを消す手は無い。

 

そう気がついた時に、

涅槃の時は、やって来た。」

 


f:id:oyamadoka:20190419002205j:image

 

 

私はこの話が

ハートの中に、スッと入って来たことが

今思えば、生涯の転機となりました。

 

 

エゴを、消す手は無い。

 

ならば、自分の内側のエゴと

どのように付き合うのか

 

どのようにライオン飼い慣らすように

内側のエゴと友情関係を築くのか。

 


f:id:oyamadoka:20190419002236j:image

 

「ライオンを野に放つ=

エゴを外側に撒き散らすこと」を

 

「エゴを愛する事」だと

思っている人もこの世にはいるけれど

 

それは、単に自分を先々

破滅に向かわせる行為であり、

本質的には愛とは言えない。

 

 

そうでは無く、

しっかりと

自分のエゴの言い分も自分で聞き

 

押さえつけたり、反対に

他人を傷つけたり

踏みつけたりもさせずに

 

適切に、エゴと信頼関係を築くこと

 

そこからは、そうした観点からの

研究を行って来ました。

 

 

イエローはエゴを表す色でもあり

ピンクは無条件の愛でもある色。

 

自らの、エゴを愛する。

 

自分を許すと

他者のことも無理なく自然と

気づくと許せている。

 

 

 


f:id:oyamadoka:20190418235613j:image

 

ボトルと同じ色に、朝ごはんの

会場で出会っていました。

 

f:id:oyamadoka:20190419002035j:image

 

うにに見える、ライチ(笑)

 

研修も残すところ、あと1日です。

 

 

【重要】サロンご利用の皆様へ
移転リニューアル☆オープンの
お知らせです!!^^
http://madoka.hateblo.jp/entry/2019/04/09/211444

 

現サロンお別れ会&
新サロンお披露目会の
お知らせと、一部製品・
在庫一掃セールの予告。
http://madoka.hateblo.jp/entry/2019/04/10/210909

 

 

総合ヒーリングスクール・サロン・ショップ

Power Of Florece

オーナー&代表ティーチャー 大矢満登香 HP

http://www.bi-ji-n.co.jp/florence7pc/index.html

※HPのアドレスが新しくなりました!

見た目は変わりませんが、URLが以前と

異なっています。お気に入りへのご登録

宜しくお願いいたします。