閲覧注意:「ありのままモンスター」にご用心。出逢ったら秒速で逃げて、そこから学ぶ♡

 

 

 

ありの~~♪ままの~~~♪

姿見せる~のよ~~~~~~~♪

と言う歌が流行ったのは確か

2014年頃。

 

歌だけで無くて、精神哲学の面でも

ありのままブームが本格的にやって

来ていた頃でした。

 

それから早4年。

(綾小路きみまろさん風・笑)

 

 

そうした「ありのままでいい」思想を

上手にご自身に取り入れて

 

程良く、ちょうど良く♡

ありのままの自分を大切にして

 

生きやすく、自分とも、周囲とも仲の良い

形で生きられるようになった方も沢山

いらした事かと思います。

 

f:id:oyamadoka:20181118231701j:plain

 

当サロンのお客様からは、こんな感じで

生きやすくなりました、と言うお喜びの

声を頂く事が本当に多いです。 ↑ ^^

 

私達も色んな

セラピーツールをご提供しておりますが、

 

 

ツールは何を選んで頂いても、最終的に

行きつくところは、こうした暖かで

穏やかな自己受容になりますようと

意図しています。

 

 

もちろん、まだまだこれから、と言う方も

いらっしゃるかと思いますが、それもまた

プロセスだから、OK☆

 

f:id:oyamadoka:20181128223640j:plain

これも含めて、ありのままで良いと言う

事なんですよね。^^

 

 

でもね、1つだけ、こうなって来ると

あー・・・ヤバイよヤバいよ(笑)

と言うのがあって

 

それが以下の漫画です。

 

 

f:id:oyamadoka:20181128223016j:plain

 

 

f:id:oyamadoka:20181128223044j:plain

 

 

f:id:oyamadoka:20181128223109j:plain

 

出た!!ありのまま

モンスター!!

 

 

あまりに強い勢いで、

法を犯すレベルの酷い事をする方が

「常識に縛られる方がおかしい!!」

と断言して言うので

 

最初に殴られた人の方が

「自分のがおかしいのかな…」と

認知(物の捉え方)が歪んで来る

=マインドコントロールされてくる。

 

 

こんなモンスター化した方に

滅多にお目にかからないかも

しれないのですが、

 

スピリチュアル界隈にも

たまにいらっしゃいますので、

もしも出くわしたら・・・

 

関わらず、

秒速で逃げる事をお勧めします。

 

 

ありのまま思想の

取り入れ方のセンス

無さすぎ(爆)

 

と言いますか

ありのまま思想の悪用ですね。

 

 

で、こうしたモンスター化した方が

今後どうなるかは…

 

誰にも分かりませんと、

逃げたいところですが

 

私は、自分の経験から

そして6千を超える方の人生を

深く拝見して来た経験から

 

知っています。。。

(>_<)

 

ちょっと書けないですね。。。

 

どうぞ、そうした方たちへ戻るものが

今後、お手柔らかでありますようにと

祈るばかりです。。。

 

 

ちなみに、

「モンスター的・ありのままスタイル」を

貫いて行って一見上手く行ってる様に

見えたとしても

 

宇宙からかなり手痛いタイミングで

自分が投げたものが致命的に

自分に戻って来ると言う事を

 

そうしたモンスターさんたちの

お姿から大変、教えて頂きました。

 

 

f:id:oyamadoka:20181118231701j:plain

 

実践・心理ワークショップには、

そうした方達を反面教師にして得た

智恵も沢山含まれています。

 

ある意味、失敗例から存分に学び

純化した癒しの成功法則を

凝縮したようなものです。

 

おかげで、本当の意味で

とても豊かで満たされる人生を

歩めるメソッドが創れました。

 

1回目にしてこの完成度で残り4回は一体何について学ぶのか、想像できないと思いました(体験談) 

madoka.hateblo.jp

 

なので、モンスターさんにすら

ありがとうと思っています。

 

m(_)m

 

 

全ての存在には

本当、意味がありますし

 

自分が出会うものから

 

自分のためになるもの

多くの人のためになるものを

 

私は学び尽くしたいなぁと

いつも思っています。^^

 

 

総合ヒーリングスクール・サロン・ショップ

Power Of Florece

オーナー&代表ティーチャー 大矢満登香 HP

http://www.geocities.jp/florence7aurasoma/index.html