「私が私の全てを愛すると、決める!」光も闇も病気も健康もその両方を全て愛する☆

 

f:id:oyamadoka:20181102012349j:plain

 

募集中☆心理学ミニ講座☆

その先に待っているのはすごく満たされる幸せ♡11月10(土)投影ワークについて☆ 

 

募集中☆

現代レイキマスター養成講座(L4)2018年11月7(水)開催します☆ 

 

募集中☆

5日間で、生涯有効、貴方の中に貴方専属の強力なカウンセラーが得られます。

&貴方自身もカウンセラーの実力が身につきます。

12月16(日)スタートクラス実践・心理ワークショップ

 

 

募集準備中☆ビーマーライトペン1DAY

セルフケア講座2018年12月20(木)

 

f:id:oyamadoka:20181102012300j:plain

 

こちらの記事の補足です。

madoka.hateblo.jp

 

何が言いたかったのか

もう少し整理して

詳しく書きたいと思います。

 

 

人間は

 

健康な状態と病気の状態を

行ったり来たりします。

 

元気な状態と不調な状態を

行ったり来たりもします。

 

心は

ポジティブな状態とネガティブな状態を

行ったり来たりします。

 

 

それが自然で

それが普通な事です。

 

 

でもいつの間にか

ポジティブや健康だけが良い事とされて

 

そこに何だか「勝ち組」的意識が

くっついてる事があります。

 

 

ネガティブや病気は悪い事とされて

 

そこに何だか「負け組」的意識が

くっついている事があります。

 

これはどなたかの個人的な価値観の事を

言ってるのではなく、社会全体に対して

昔から感じていることです(T∇T)

 

私は社会に蔓延しているそれが

あまり好きではないなぁと思うし

 

それに自分自身が毒されないように

自分の心をしっかり見ていたいな

と思うのです。

 

 

なぜなら自分自身が二元論的思考に

毒される事で、自分の人生に圧倒的な

不自由が産まれるからです。

 

 

勝ち組み、負け組みの価値観を

自分が持っている場合

 

負けと思う方に自分がいた時に

 

勝ちと思う方に

現実が動かねば

 

自分は幸せになれないのだ、と言う

限定的思考に陥ってしまいます。

 

 

でもこれは実際は

真実だとは言えません。

 

 

本当は病気だって恥ずかしい事じゃないし

病気のまま幸せになったって良いと思う。

 

ネガティブだって恥ずかしい事じゃないし

ネガティブのまま

幸せになったって良いと思う。

 

元気にならなきゃ幸せになれないと

つい、体が苦しい時は思うものですが

 

私自身の経験で言うと

病気と戦うとか

ネガティブを克服すると言った

「対峙型思考」でいる時よりも

 

病気を自分の一部として受け入れるとか

ネガティブを自分の一部として受け入れる

と言った「包括的思考」でいる時の方が

 

なぜか病気は回復しやすく

心は穏やかでいられて

ネガティビティも

いつの間にか薄れていきました。

 

 

どうしてなのだろうと思いますが

そう言う在り方がたまたま私に

合っていたのだと思いますが

 

そこに何等か、人間の新しい癒しの

可能性がある事も感じています。

 

なので克服型思考が合って無いな~

と思う方は

 

ぜひ包括型思考をやってみて欲しいと

思います。

 

合言葉は

 

「そのままの自分で、オールオッケー!」

 

世間がなんと言おうと

誰かが下らない批評を下そうと

 

私が私の全てを

愛すると、決める!

 

光も闇も病気も健康も

その両方を全て愛する☆

 

です☆(^-^)-☆

 

 

総合ヒーリングスクール・サロン・ショップ

Power Of Florence

オーナー&代表ティーチャー 大矢満登香 HP

 

http://www.geocities.jp/florence7aurasoma/index.htm