朝ドラ「半分、青い」大ヒットの裏で、闇好き心理カウンセラーが思う事。その1

 

www.nhk.or.jp

 

現在放送中の朝ドラ

「半分、青い」が面白くて

 

いつもは録画で見る朝ドラを

ついに毎日リアルタイムで見る

様になりました(笑)

 

当初は主役の鈴愛ちゃんの

無邪気な可愛らしさを

楽しんでいましたが

 

最近は、その鈴愛ちゃんが

 

ちゃんと仕事や人生に

疲れ切った28歳に見えたり

 

狂気の表情や

負の感情を

 

自在に繊細に演じる、

女優、永野芽郁さんの

凄さを堪能する目的に

変わって来ました。

 

 

先週の

律くんの大阪の家まで行った後に

(もはやストーカー行為)

 

秋風先生に

「漫画を書くために

行ったんですよ

それ以外無いです」

 

「そのおかげでネーム書けました、

見て下さい!(ワクワク)」

 

と言った時のあの、笑ってるのに

どこか明らかにおかしい笑い方…

 

 

 

永野芽郁さん18歳、

天性の才能と

おそらく見えないところで

とても努力される方なのだと

思います。

 

 

負の感情や挫折体験は

誰にでも有るものなので

 

ポジティブな感情しか

出て来ない物語や

単純な成功物語よりも

 

ずっと多くの人々の心を

揺さぶるし、面白いと

指示されるものになります。

 

また、人の心を強く揺さぶれば

感動も起れば、受取り手によっては

逆の作用も生まれるので

 

 

鈴愛ちゃんが負の感情を人に

ぶつけるのが嫌いだ

 

と言う声もあるようです。

 

ドラマですから

どんな感想を持つのも

もちろん自由なのだ

 

とは思うのですが

 

心理カウンセラーとして

少し気になるのは

 

そうした方の心の中が

ちゃんと、ほっこり温かいかな?

 

それともトゲトゲして苦しい

ところがあるのかな?

 

 

と言うところです。

 

 

 

一般的に言って

 

負の感情を

表に出して人にぶつける人に

強い嫌悪感を感じる時は

 

小さい頃に例えば

負の感情を出す事を親から

許されない環境にいた等

 

強い抑圧的な環境にいた

 

なんて可能性も高いです。

 

(誰だって自分が直にぶつけられたら

いやですが、そうでは無くて、あまり

実害が無くても、その行為、人として

許せない!!となった場合です。)

 

 

ありのままの自分で居る事が

許されなかった方は

 

他者のありのままのふるまいが

許せないと感じる事も

また多いのです。

 

これはもう良い悪いを超えた

心理学的なメカニズムです。

 

 

マジ鈴愛許せん!!

脚本家もなんだよ!!

酷い!!

 

と、感じる場合は

 

ぜひ

 

ご自分の負の感情を

自分で認めてあげる

 

こんな自分もいていいんだな

と受け入れて愛する

 

と言う事を

やってみて頂けると

 

幸せがやって来ると

 

心理カウンセラーとしては

お伝えしたい所です。

 

 

ただ、実際の

カウンセリングは

こんな一方通行で

カウンセラーが

言いたい事を言うモノではなく

 

(ブログと言うツールの特性上

どうしてもそうなりますが)

 

ちゃんとじっくりと

クライアントさんの想いを

伺ってお話を進めていくもの

なので

 

このブログがそうした方の

お役に立てるか微妙なのですが

 

何となく、

アンチが多い、と言う事に

 

ああ、みんな、

社会全体としてすごく苦しい中

生きているのかな

 

と少し危機感を感じたため

 

何かお役に立てればと思いました。

 

 

f:id:oyamadoka:20180628233752j:plain

自分に、優しく。

自分に、甘く。

 

人を傷つけたり

自分を傷つけたりしない形で

 

自分に優しく。

自分に、甘く。

 

よく頑張ってるね

偉いね

凄いね

大好きだよ

 

と。

 

自分自身に言ってあげて。

 

 以上、 朝ドラ「半分、青い」

大ヒットの裏で、闇好き

心理カウンセラーが思う事。

その1、でした。

 

その2は、脚本家の北川悦吏子さんに

ついて書かせて頂きたいと思います。

 

 

 

大矢満登香 オオヤダルオ

Power Of Florence サロンHP(神奈川県大和市)

小田急線南林間駅 徒歩1分 

http://www.geocities.jp/florence7aurasoma/index.html