トンだ激辛人生だよチクショー!!とダチョウ倶楽部調に帽子を投げたら楽になると言う話。

 

f:id:oyamadoka:20180311015307j:plain

 

先日の春うららかなある日のこと。

 

穏やかな昼下がりに

某・餃子の〇将にて

遅めのランチを頼むも

 

頼んだ「激辛麻婆豆腐」が

 

激辛と言う平凡な言葉で表現するには

 

少し役不足では無いだろうか

 

と言う位

常軌を逸して辛すぎて

 

 

麻婆豆腐が通り抜けた口と言い

食道と言い、胃と言い、全てが

 

瞬時に燃える様に熱くなり

 

 

そのまましばらく燃え続けると言う

極めて稀な初体験をいたしました。

 

 

 

何とか酢とお水で3倍に薄めて

みて食べ始めたのですが

 

氷でキンキンに冷やされた冷水を

入れれば当然、アツアツの麻婆豆腐の

温度も下がり、ぬるくなります。

 

なのに食道、燃える、燃える(笑)

なぜだw

 

 

いや、これ薄めても

完食したらたぶん夜熱出るわ

と思い(笑)1/3で断念。

 

 

メニュー表に描かれたうたい文句は

とっても控え目なもので、

「後からジワジワ来る辛味」でした。

 

でも実際は

「前からガッツンガッツン

辛味が戦車で束になって

襲ってくるレベル」でした。

 

戦いのレベルが違いました。w

 

 

メニューには、また別に

 

この辛さで足りない人は+100円で

「超」激辛が頼めるよ♪と言う一見

親切で気の利いたオプションが

提示されていましたが

 

食事を残す事がまず無い私が

なんとか無理やり薄めても

1/3しか食べられず

諦めるしかなかったこの辛さが

初級なら

 

その上の中級は食べたら

ゴジラに変身できるんじゃないかと

思ってしまいました。w

 

f:id:oyamadoka:20180316011749j:plain

 

 

 

 

 

あまりの事に記念写真をパチリ。

 

f:id:oyamadoka:20180316003054j:plain

 

 

 

適当に雰囲気にあう写真フレームを

アプリで付けたら、ん?あれ?

LIFE ISの文字が。

 

 

 

ハッ・・・(゜д  ゜*)

 

LIFE IS 激辛麻婆豆腐

 

 

うん、何だかシュールでいいですね(笑)

 

過去に辛辣な体験をして来た方や

今現在、苦労なさっている方が

ご自分の人生を

 

いっそ受け入れネタにして

 

乗り越えて行きたい時に

良かったらこの写真を

思い出して頂きたいです(笑)

 

 

酷い事の渦中にいても

「何だよバカヤロー!

とんだ激辛人生だよチクショー!!」って

 

帽子を床に叩きつける事が出来れば

(※ダチョウ倶楽部調に)

 

案外、人生の激辛期も

乗り越えられたりするものです。

 

↑ 今日、言いたい所、ココ。

 

 

ヘタなポジティブシンキングより

ずっと心が落ち着きます。

 

辛辣な事を体験しているのに

 

「辛いと思っちゃいけない」とか

「自分の考え方に

問題があるんだわ」とか

「前向きにとらえなきゃ」とか

思っても

 

いや、辛い物は、辛いんですよ。

 

辛いと感じる自分の感性を大事に

して良いわけです。

 

辛いと感じている自分を受け入れる事。

自分の感情を尊重すること。

 

そしてその上で起きた事に対して

ハッキリと自分の中で

「こんな体験嫌だ!!

これからは自分の望む人生を生きる!!」と

 

「決意」すること。

 

これを覚えていて実践するだけで

人生はかなり変わって来ます。

 

 

と、ネタの様な記事ですが

真面目な心の世界のお話でした。

 

 

 

余談ですが常時、甘甘人生を

選択しているダルオさんは

この激辛麻婆豆腐

 

当初はんぶんこしようと言っていたのに

一口も食べませんでしたよ(笑)

 

さすがだわ。

 

f:id:oyamadoka:20180316003119j:plain

 

水は空っぽ。ふー。

 

あ、ちなみにこんな記事を書きましたが

唐辛子が私にとってのお米なの♪と言う

激辛愛好家の皆様には、とっても

オススメな激辛麻婆豆腐でした。

 

そう言う方もいらっしゃいますからね。

 

私は普段は、餃子の〇将の

大阪〇将の方で

揚げ餃子と水餃子と焼き餃子を

頼み食感の違いを楽しむのが好きです。

 

はふはふ♡

 

 

現在、辛味の効いた人生を送ってる人も

甘味豊富な人生へ移行できちゃう

ヒーリング遠足はこちら ↓ (*^-^*)

 

madoka.hateblo.jp

 

 

総合ヒーリングスクール・サロン・ショップ

Power Of Florence

オーナー&代表ティーチャー 大矢満登香 HP

 

http://www.geocities.jp/florence7aurasoma/index.html