より良いものになろうとしなくても、人はただ、そのままで完全であると言う事実。

 

f:id:oyamadoka:20180216003714j:plain

 

 

純粋なものに

 

触れて生きていきたい。

 

 

 

それは「好き」と言う気持ち。

 

 

「既に自分は、何者でも無い」

 

と言う気持ち。

 

 

 

f:id:oyamadoka:20180216003854j:plain

 

 

 

「空が綺麗だ」と言う気持ち。

 

 

 

f:id:oyamadoka:20180216004149j:plain

 

 

 

ふと自然と湧き上がる

 

 

「今日、生きていて良かった」

 

と言う気持ち。

 

 

 

f:id:oyamadoka:20180216003943j:plain

 

 

純粋なもの 無垢なもの

 

この瞬間に自分の心から

 

あふれる

 

自然に湧き上がるもの

 

 

 

それが時に怒りや憎しみと言った

 

負の気持ちだったとしても

 

それすらもが

 

 

生々しく燃える

 

内側のマグマのような

 

その時々の自分の、純粋なもの。

 

 

人に当てる訳じゃない。

 

ただ、美しい絵画として

 

自分を眺める。

 

自分を自分で受け入れる。

 

 

 

善きも悪きも、人間界の

 

無粋な価値観なんていったん

 

どこかにかなぐり捨てて。

 

 

 

 

頭で理屈をこねる

 

つまらない大人になる前に

 

ただ、リアルでいよう。

 

 

 

リアルでふつうでありのまま。

ああ、生きてるって、いいなぁ。

 

 

f:id:oyamadoka:20180216004859j:plain