暴言暴力モラハラを浴び続けると人は麻痺する。でも自分を大事にして良いのですよ。

 

f:id:oyamadoka:20180131010033j:plain

 

今日は少し真面目で長い記事です。

でも届けたい方がいるので書きます。

 

 

親から子、子から親。

上司から部下、部下から上司。

パートナーからパートナー。

兄弟姉妹、友人関係…

 

私たちは時折、攻撃的で激しい

感情を暴発させる相手に

悩ませられる事があります。

 

人間ですから、誰でも怒る事はあるし

事情によっては怒らないといけない場面

も人生にはあるかと思いますが

 

そうした普通の人の日常に

ある怒りとは異なるレベルで

 

そんな事でそこまで怒る?と言う

理由で、そんな怒り方するの?と言う

病的な怒り方を頻繁にする方も

世の中にはおられます。

 

 

怒りの背後には過去の傷があり

悲しみがあり苦しさがあるので

怒る側の人も根は悪魔等ではなく

理由があっての事なのですが

 

 

今日は、怒る方ではなく、怒られる方、

病的な怒りを常に撒き散らしてしまう方が

身近にいる方のメンタルヘルスについて

書いて行きたいと思います。

 

 

家族や友人、恋人、職場…

そうした人間関係の中で

少しの事でとても怒り貴方の

人格を否定する様な暴言を

度々浴びせて来る様な人が

いた場合…

 

 

浴びせられている方が

一番にする必要がある事は

何だと思いますか?

 

問題を解決するためには

どうしたら良いでしょうか?

 

こうした質問を人々した時に

答えは、大きく2つの傾向に

分かれます。

 

 

渦中にいない方、当事者では無い方は

「逃げればいいじゃん」

「恋人なら距離を置くとか」

「親なら連絡を取らないとか」

 

と、「離れる」と言う解決策を

回答する事が多くあります。

 

しかし、なぜでしょう、

渦中にいる方、当事者の方は

「分からない」

「距離を置くと言っても無理」

「相手に余計攻撃されてしまうから」

 

すっかり無力化された

言葉をおっしゃる事が多いのです。

 

 

分かりますでしょうか。

この違い。

 

 

 

小さな事で怒りを暴発させて

人格否定する暴言を吐く事を

繰り返す人の近くにいると

 

その時間が長ければ、長い程、

 

恐怖心が沢山植え付けられて

離れたいけれど離れられない

人間関係を切りたいけれど切れない

と思わされてしまうのです(T T)

 

 

怒りを理不尽に暴発させる人は

怒りで周囲をコントロール

しているのです。

 

よくモラハラや暴言暴力を振るう人は

「見捨てられ不安」が強いからこそ

してしまうと精神医学の

世界で言われますが、

 

そのやり方は、暴言暴力モラハラなどで

周囲の心を傷つけ無力化して支配下に

置くと言うまさに不健康としか言いよう

が無い非情なやり方です。

 

実は、このやり方に、一切

付き合ってはいけないのですが

 

こうした事は一般社会では

習う機会がほぼありませんので

 

優しい人程、このやり方を

嫌々ながらも受け入れてその人と

共に時間を過ごしてしまうのです。

 

 

その時間が数年単位になったら

もう自力だけでは抜け出る事は

とても簡単ではありません。

 

 

暴言暴力モラハラをする人は当然長年

怒りのゴミ箱やサンドバックに出来ていた

相手がいなくなるのは嫌なので

 

何もしないで好意的にスムーズに

離れてくれる事はほぼありませんし

 

被害者の方としても、既にこれまで

数年単位で恐怖心を植え付けられて

無力化されている訳ですから

 

周囲の徹底的な支えや励まし

協力が必要なレベルです。

 

でも脱出の機会は恐くても

自分で作る必要があります。

 

そうでないと、一生サンドバックや

怒りのゴミ箱にされてしまうからです。

 

私が我慢していればいつか相手も

変わってくれるはず…と思いがちですが

残念ですが変わりません。

 

変わるどころか、どんどん酷くなり

被害者の方がもう耐えきれない

(命を奪われる寸前)と言う状態に

追い詰められたケースを私は過去に

何例も見て来ました。

 

 

そうした耐えきれなくなった方を

 

サロンのお仕事の中でサポートし

脱出のお手伝いをする事を

これまで多数して参りました。

 

写真や体験談などが

ブログに載らない

水面下でのお仕事です。

 

 

その中で一番、被害者の方に響き

また私たちも届けたいと思う言葉は

 

「貴方は、そんな風に暴言

暴力モラハラなんて、本当は

受けなくて良い。

 

自分を大事にしていい。

幸せに毎日笑って

暮らしていい。」

 

と言う事です。

 

大事な事なのでもう1度書きます。

 

「貴方は、そんな風に暴言

暴力モラハラなんて、本当は

受けなくて良い。

 

自分を大事にしていい。

幸せに毎日笑って

暮らしていい。」

 

です。

 

誰からもDisられたりなんかしないで

幸せに暮らしたい♡この普通の人

であれば誰でも抱く普通の感覚も

 

暴言暴力モラハラを受け続けると

とても鈍って行くのです。

 

悲しいですね。

 

私も経験者(被害者からの回復者)

なので非常にお気持ちは分かります。

 

 

セッションの宣伝をしたい記事では

ありませんが、これまでそうした被害者

の方が相手と離れたいけど離れらないと

言う段階の時に受けて、良い変化が

あったのはこちらの↓

 

キネシオロジー神奈川 開運コードコンサルテーションPower Of Florence

 

です。

 

このセッションの中で特に

「相手とのエネルギーコードを切る」

「自己破壊プログラムの解除」

「恐怖症を癒す」

等の手法が選ばれる事が多いです。

 

受けた方々はこれまで言い出せなかった

相手との別れを切り出せる勇気が持てる

様になり、実際に今は離れて皆さん幸せに

暮らされています。

 

 

 

セッションを受けなくても

勇気が湧くようならそれが良いし

サポートが必要だと感じる様でしたら

ご利用頂くのも良いし

 

どちらにしても大事な事は

 

 

「貴方は、そんな風に暴言

暴力モラハラなんて、本当は

受けなくて良い。

 

自分を大事にしていい。

幸せに毎日笑って

暮らしていい。」

 

です。

 

忘れないで欲しいのです。

 

貴方は大事な人です♡

貴方は素敵な人です♡

貴方は価値ある人です♡

 

人生の時間は貴重です。

どんな時間を過ごすかは

貴方が決めて良いのです。

 

貴方自身で、

貴方と貴方の大事なものを

大事に出来ますように。

 

その勇気を、貴方が

どうかもてますように♡

 

f:id:oyamadoka:20180131012223j:plain

 

総合ヒーリングスクール・サロン・ショップ

Power Of Florence

オーナー&代表ティーチャー 大矢満登香 HP

 

http://www.geocities.jp/florence7aurasoma/index.html