嫉妬の秘密(その6)自分の中の嫉妬心を使って、幸せになる方法~後編~

madoka.hateblo.jp

 

前回の記事 ↑ の続きです。

 

自分の中に嫉妬心がある事に

気が付いたら、自分のため

してあげたいこととして

以下の2点がありました。

 

 

 ①休む

 

②知らず知らずに

普段している

自分に対する

批判を止める

 

 

 

今日はそのうちの②の方を解説します。

①の方の解説をまだ読んでいない方は

こちらの記事からご覧くださいね。

 

madoka.hateblo.jp

 

 

他者に嫉妬してる

自分を見つけたら

 

知らず知らずに

普段している

自分に対する

批判を止める

 

 

 

私たちは小さい頃から

親や学校や社会、マスメディア

からの教育や情報で

 

「こういう人が良い」

「こういう人なら価値がある」

「こういう人なら幸せである」

 

と言う、

誰かが作った理想

をスポンジの様に吸収して来ています。

 

 

お金・名誉・学歴・

地位・人気・容姿・

他者への貢献の有無…

 

等がその題材として

あげられるでしょう。

 

 

そしてその裏返しとして

私達は一緒に劣等感も抱く様に

なって来てしまったケースが

非常に多いのです。

 

 

美しく無いとダメ

かっこよくないとダメ

学歴が高く無いとダメ

収入が多く無いとダメ

人気が無いとダメ

人の役に立たないとダメ

ダメ、ダメ、ダメ、ダメ…

 

悲しいダメ攻撃

が内側でなされています。(´・ω・`)

 

 

 

 

 

理想を叶えられない自分を

知らず知らずの内に自分の心の

深い所で常にDisってるので

 

他者がそれを叶えているのを

見ると怒りや悔しさが反射的に

こみあげて来る

 

これが非常によくある

嫉妬のメカニズムです。

 

 

 

もし自分をDisっていなければ

自分が叶えたい理想を叶えている

他者を見ても嫉妬ではなく、

 

単純に敬意と憧れになり

「自分もあの人みたいになれる様に

これからいろいろやってみよう!」

と言う前向きな原動力になるでしょう。

 

 

 

さ、ここまで見つける事が出来たら

あとは解毒するだけです。

 

もしよかったら

声に出して言ってみてくださいね。

 

 

 

私はすでに

私のままで充分、

よくやっています。

 

わたしは

そのままで

充分すぎるくらい

素敵です。

 

誰と比べる

必要もありません。

 

私は私で

既に完成された

1つの大事な

素晴らしい

作品です。

 

 

f:id:oyamadoka:20180109021128j:plain

 

どんな気持ちが内側に

湧いて来たでしょうか?

 

「向上しないといけない」

と言う気持ちが強い人程、

 

え?これでいいの?

こんな風に思っていいの?

 

と感じたかもしれません。

 

でも、いいのです。

 

 

ありのままの自分を受けとめたら

自分が理想だと思っていた物は

単なる幻想だった・・・なんて

気が付く方もいるかもしれません。

 

 

そんな風に今のありのままの

自分を受けとめた上で、それでも

まだ叶えたい理想なのであれば

 

 

自分をDisりながらじゃなくて

 

ありのままの自分

まだ理想通りには

なってはいない自分も

 

日々愛しながら

叶えて行けば良いのです。

 

 

これはとても大事ですよ。

 

 

ついに~~!

理想が叶った~~!

 

と言う時間は

人生で一瞬程度しかありませんが

 

そこに至るまでの道のりは

人生の長い時間が費やされます。

 

 

自分をDisりながら進めば

苦しくストレスフルな時間

が自分の人生のすべてを

占める事になりますが

 

 

自分を愛しながら進めば

楽しくルンルンな時間が

自分の人生のすべてを

占めて行く事になります。

 

 

 

自分の中の嫉妬心を使って

幸せになる方法。

 

誰かへの嫉妬心を

自分の中に見つけたら

 

自分を

 

まだ愛する事が出来ていない

自分を

 

今ここから真っすぐに

愛して行く事に、

使う事が出来ます。

 

自分に気が付き

自分を受け入れ

自分を見とめるために

 

その嫉妬心を使う事が出来ます。

 

 

 

この世界は鏡です。

外に何を感じてもそれは

自分を知るための道具

として行く事が出来ます。

 

自分を責めるのではなく

自分に本当の意味で

優しくなるための道具です。

 

貴方の心の深いところに

この嫉妬シリーズが優しく

届く事を願って。

 

 

f:id:oyamadoka:20180109021218j:plain

 

 

総合ヒーリングスクール・サロン・ショップ

Power Of Florence

オーナー&代表ティーチャー 大矢満登香 HP

 

http://www.geocities.jp/florence7aurasoma/index.html