「私が何とかしてあげなきゃ」と思うけど、それが少し苦しい時に読んで欲しい文章。

誰かの事を想うあまりに

その誰かが抱える重さを

一緒に背負ってあげたり

 

場合によっては肩代わりして

あげなくてはならない場面も

人生にはあるのかもしれない。

 

でも少し、それが苦しくなった時に

思い出して欲しいことがある。

 

その重さ、背負わなくても

大丈夫かもしれない。

 

私が何とかしてあげなきゃ

と思う事は優しいけれど

 

子供の様に軽やかで

純粋な喜びと嬉しさに満ちた

時間を過ごす権利がどんな人にも

あるから。

 

悲しい時はいっぱい泣いて

楽しい時は遠慮なく笑って

 

いつも心に、寄り添って。

 

人生をどう生きるのかは

いつも自分が決める事が出来るから。

 

迷った時は

お腹に手を置いて

そこにまっすぐ息を吸い込んで

 

自分自身に戻って来よう。

 

智恵はいつも

自分の中にある。

 

f:id:oyamadoka:20170321020750j:plain

 

あ、でも智恵が自分の中にあるからと

言って人に頼ることを避ける事が

自立ではないよ。

 

それは単に依存を恐れた「反依存」。

 

真の自立は、上手に人に頼る事。

 

困った事が起きた時は

人の手を沢山借りて乗り越えたらいい。

 

互いにそうして助け合って

人はみんな生きてるのだから。

 

 

オーラソーマ、レイキ、キネシオロジー 他

総合ヒーリングスクール・サロン・ショップ

Power Of Florece

オーナー&代表ティーチャー 大矢満登香 HP

http://www.geocities.jp/florence7aurasoma/index.html