読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悟りを開くとは、海底の水瓶が割れて、海と一体になり、最初から全てが自分だったと体感すること。

先日のPOF現代レイキ講座

http://www.geocities.jp/florence7aurasoma/healing-school_4.html

に再受講で参加した受講生様から、その後

のレイキ体験談のメールを頂きました。

(o⌒∇⌒o)

 

掲載ご快諾ありがとうございます。

 

まどかさん、夜分遅くに申し訳ありません。

昨日はお世話になり、
ありがとうございました。
 
久しぶりにまどかさんやダルオさんに
お会いできて、とっても嬉しかったです!
 
キャンセル待ちでの参加、声をかけて
くださりありがとうごさいました。
 
おかげさまで、沢山の気づきがあって、
パワーも沢山いただけて。。。
ありがたい一日でしたm(_ _)m
  
レイキのパワー、
本当にすごいですね。
 
再受講させていただき、もっともっと
使いたい!と昨日改めて思いました。
 
昨日は家に帰ったら、
息子が風邪のような症状で、元気がなかった
ので、早速レイキをしたのですが、
 
流れが良くなってるのか
今までにないほどの手の熱さやビリビリと
したエネルギーを感じました。そしたら
 
ぐったりしてた息子が、
朝には元気になり、学校へ
行けました^ ^
 
今日は友人と会う時に、
未来へのヒーリング
きちんと紙に書き、(笑)
実践したところ、
 
想像してた以上に楽しくて、
笑いの絶えない、リラックス
した良い時間を過ごせ、
 
あまりの効果に
びっくりでした。
 
今日になりデトックスなのか、お通じも
とまりません^_^;
 
やっぱり色々流れが良くなったのかな〜、と
感じてます。
 
以前よりずっと、レイキを信頼して、
委ねる感覚も持てています。
 
今まで、あまり色々な技法を使ってなかった
のですが、面白くて、昨日から色々試し続け
ています^ ^
 
これからはもっと色々活用していきたいと
思います☆(中略)
 
色々、どうもありがとうございました。
 
ご感想は以上です。
久しぶりにお目にかかれて私もとても
嬉しかったです☆(o^-^o)(o^-^o)(o^-^o)
 
そして、以前にも増してレイキを
生活の中で便利に活用して頂けて
何よりです。(o^-^o)(o^-^o)(o^-^o)
 
 
レイキは、自分のエネルギーを使ったり
何か無理くり作り出したモノを送る物だと
 
知らない方には大きく勘違いされる事も
あるのですがヾ(- -;)
 
そうではなくて、この自然界のどこにでも
存在してるエネルギーが、ただ、自分を
通じて流れるのを許す事が真髄です。
 
適切なレイキを年単位で、
日々実践してると実践してる
側にも深い瞑想で得られる様
な平和の感覚がやって来ます。
 
これを、言葉にして書くのは
大変難しいのですがちょっとどんな風か
説明したいと思います。
 
私のインドの瞑想の師が、悟りを開く事に
関して以前、こんな風に言っていました。
 
 
『海に沈む水瓶を想像してみて下さい。
 
水瓶は、固い瓶や、水瓶の中の水
そのものが、それだけが、自分自身だと
思っていました。
 
しかしある時、水瓶が割れて、中の水と
外の海水をさえぎる物が何も無くなり
 
水瓶の中の水と外の海水が一体になり
水瓶の中の水は、自分は海全体、海の
水全てだったのだと知りました。
 
悟りを開くと言うのは、こういう事です。』
 
私の師の言葉は以上です。
 
ここからは私の見解。
瓶と言うのは、私、と言うエゴの
感覚の事ですね。
 
もう今は自分のエゴと
戦う必要も無い時代です。
 
地球は進化して来ているので
1人1人の水瓶も薄くなって来ています。
 
お酒飲んでても、肉を食べていても、
漫画読んでても、フツーの世俗的な
生活を満喫してても
 
趣味の1つとしてレイキを実践してると
上記の水瓶のお話の様な悟りの体験が
日々、やって来る、そんな時代です。
 
レイキは日常にいながらにして
神聖なものをそこにもたらします。
 
それは、本来、ネガティビティと
戦う必要の無い物です。
 
全てを受容する、まあるいエネルギー。
レイキの実践にご興味がある方は下記を
ご覧くださいね。満登香HPへ飛びます。

http://www.geocities.jp/florence7aurasoma/healing-school_4.html

 

今日もブログを読みに来て下さって

ありがとうございます。

(´∩ω∩`)♡(ฅ`ω´ฅ)(´▽`*)(*´ヮ`*)( *¯ ³¯*)♡

(-´∀`-)\(◦´-`◦)/♡

 

 

総合ヒーリングスクール

Power Of Florece

大矢満登香 HP

http://www.geocities.jp/florence7aurasoma/index.html